挖坑挖坑挖坑

坑品非常特别极其差,管挖不管填,管杀不管埋。
脑洞大得合不上。
微博同ID @挖坑挖坑挖坑。
请给我评论请跟我聊天,扭动。

哎嘿嘿

タクシー乗り場に向かう途中。後ろからリュックのベルトが引っ張られた。
「マ・シ・ロくん。」
「なんで役名で呼ぶのよ。」って、テンションが高い声じゃなかった。ただ、振り向いてあの笑顔を目にしたら、なんとなく自分も笑っちゃった。
「なんでここに?今日撮影あるだろう。」
「予定よりだいぶ早く終わったんだ。暇だったから、とりあえず当日券取った。」
「あんた…」ちょっとのどが詰まったところ、
「まぁ、後輩の演技をチェックするのも先輩の仕事やし。」
何の話?あっ…「そうだね、名前なんだっけ、平井って子?後片付け手伝ってるよ。急いでいけばまだ会えるかもよ。先輩が自腹で見に来てくれるなんて、相当嬉しいだろうな。」と、言いながら、歩き出した。
また背中が引っ張られた。
「…嘘。あんたに会いたかった。」
「…あんたさ、」微笑みを抑えて、また振り向いた。あの綺麗な顔に困る表情が浮かび上がるのもなかなか面白いのだ。「なんでそんなバレバレの嘘をつくのよ。」
「バレバレか?」
「うん、バレバレだ。寂しいなら寂しいって言えよ。」
「…寂しいです。手、繋いで欲しいです。」
「ここでアドリブするかよ。」
「繋いでくれないか。」
「いやだ。わざわざ来てくれて嬉しいけど、明日2公演あるし、千秋楽だし、家に入れてあげないよ。」
「え、入れてくれないの?」
「入れてあげないよ、ゼッタイ。」
「誰も行きたいって言ってないのに?」
…また振り回された。やり返さないと…
「前髪、短っ。」綺麗な顔が近づいた。「ペダステ以来?」
「…だね。見るなよ。」怒りっぽくおデコに手を添えた。「あの頃サンザンダサいとか地味だとかいじられたし。」
「かわいいよ、意外に似合う。まぁ、切ってあげたのが僕じゃないことにムカつくけど。」
「ふん〜それって、焼きもち?」
「うん、焼いてる。だってかわいいもん。僕プロだったもん、余計に腹たつ。」手が握られた。「二駅くらい一緒に歩いてくれないと落ち着けないほど。」
「…ちゃんと帰ってくれるよね。」
「はいはい誓います。僕も明日仕事あるし。まぁ、仕事ないなら一晩ずっと体育座りで静かに寝顔眺めたいけど。」
「…帰れ。」
って言ったけど、手を繋いだまま、歩き出した。

评论